レイチェル・ダッドの『バイト・ザ・マウンテン』特典CD-R付き予約受付開始!

下のポストでご紹介したレイチェル・ダッドの『バイト・ザ・マウンテン』、予定どおり10月15日(事情により11月5日に延期いたしました。申し訳ございません)にリリースいたします。ギリッギリ、ようやくジャケットも仕上がりました。既にリリースされている英ブロークン・サウンド盤をリアレンジして、スウィート・ドリームス・プレスならではのパッケージ・デザインとなっています。同日発売のジャド・フェア&テニスコーツ『エンジョイ・ユア・ライフ』ともども、こちらもぜひ手に取っていただきたい、と、心から願います。

では、まず1曲。収録曲から「Rice Triangle(邦題:お米のさんかく)」を聴いてください。この曲、既にライブでも定番曲のひとつなので、レイチェルの公演に足を運んだことがある方なら耳覚えがあるかもしれません。演者が厨房に入りこんで、そこにあるスプーンやフォーク、箸なんかを使ってチントンカントンと拍子を合わせるあの楽しい曲です。「わたしは梅干のおにぎりが好き」。レイチェルが歌い、最後にみんなで「いただっきまーす!」と声を合わせる。レイチェルのパフォーマンスが自然に備えている団欒の感覚のようなものを、もっとも体現している曲のひとつかもしれません。


Rachael Dadd – Rice Triangle by Sweet Dreams Press

また、この作品を手に取ってもらいたい理由のひとつに、付属ブックレットに掲載している文章と対訳のことがあります。今回、ライナーノーツは、過去、レイチェル・ダッドの作品を国内でリリースしてこられたエンジェルズ・エッグ/ディスクショップ・ゼロの飯島直樹さんに、対訳も、これまたレイチェル本人と親しくされてこられた喜多村純さんにお願いしました。なるべくレイチェル・ダッド本人の素顔が聴く方に伝わるように、まるで昔からの友人みたいに身近に彼女の音楽やキャラクターを感じてもらえれば幸いです。そのためにも、もともとの英盤では1枚のシートにまとめられていた歌詞を、このスウィート・ドリームス盤ではライナーノーツや対訳と一緒に36ページのブックレットに移植、背もレイチェルがやっている手芸ブランド、マグパイに敬意を表して糸で綴じました。

さて、発売日まで半月となりましたが、本日より『バイト・ザ・マウンテン』の予約受付を開始します。しかも、スウィート・ドリームス・プレスで直接ご予約・ご購入の方には先着で特製9曲入りCD-Rをプレゼント。内容も、『バイト・ザ・マウンテン』収録曲のアウトテイクから、アメリカのヒップ・フォークの生きる伝説、マイケル・ハーレーのカバー、先述した飯島さんのお子さんにバンジョーつま弾き日本語で歌いかける隠し録り曲、ライブ・トラックやケイト・ステイブルズとのホエールボーン・ポリーの曲など、ここでしか聴けないトラック満載。自分で言うのもなんですけど、特典にするのがもったいないぐらいの充実CDですので、ぜひ、この機会をお見逃しなく!

アーティスト名:レイチェル・ダッド
タイトル:バイト・ザ・マウンテン
発売日:2011年11月5日
カタログ番号:SDCD-008
価格:¥1,890(本体 ¥1,800)
パッケージ:E式紙ジャケット+36Pブックレット
収録曲数:14曲

ご予約/ご購入を希望される方は「info.sweetdreams@gmail.com」まで、1)お名前、2)郵便番号+ご住所、3)電話番号、3)ご希望の商品名、4)ご希望の枚数、5)希望のお支払い方法(指定の銀行口座へのお振込み、もしくは現金書留)をお知らせください。折り返し、スウィート・ドリームス・プレスより送金先などを添えた確認メールをお送りします。また、PayPalをご利用の方は、上の「Add to Cart」ボタンをご利用の上、通常のショッピング同様の方法でご送金ください。どちらも入金の確認をもってご予約成立とさせていただきます。もちろん、スウィート・ドリームス・プレスのほかの商品を併せてご購入いただくことも可能です。なお、特典CD-Rは数に限りがありますので、お早めのご予約をおすすめします。

Related Music & Shows

  1. ライアン・フランチェスコーニ、震撼と深閑と森閑の共演者

  2. 7月31日~8月13日までお休みいたします。

  3. Teasi – Sando

  4. Sam Prekop with Archer Prewitt Japan Tour

  5. 夏季休業のお知らせ

  6. 波と髪と春の寺、そして、田舎町に音楽が鳴り響く

  7. 探し物をしています

  8. Interview with Ryan Francesconi

  9. ル・シャレの焼き菓子と絵の展示

  10. Introducing Karla Schickele 1

  11. 「パーフェクト・サウンド・フォーエバー」のジャド・フェア

  12. 川手直人 – デモデモデ ーデモデとモデのパラレル・ワールドー

  13. 「Gofishトリオと柴田聡子」再入荷のお知らせ

  14. Genevieve Castree’s exhibition goes Kyoto

  15. 青空セット

Artists

  1. GOFISH – GOFISH

  2. Tara Jane O’Neil – The Cool Cloud of Okayness

  3. フジワラサトシ – 流れとよどみ

  4. GOFISH – 真顔

  5. NRQ「あの丘のむこうがわへ(remixed by VIDEOTAPEMUSIC)/lament…

  6. タナカ+村岡充: Live in Tokyo

  7. 碧衣スイミング&ミノルタナカ『オーバーオーバー』/MOON FACE BOY…

  8. イ・ラン(이랑) – プライド(ライブ・イン・ソウル 2022)

  9. NRQ – あの丘のむこうがわへ(remixed by VIDEOTAPEMUSIC)/…

  10. MOON FACE BOYS – VAMOSU

Newsletter

* indicates required