NRQ – こもん

アーティスト:NRQ
タイトル:こもん
カタログ番号:SDCD-054
発売日:2022年5月25日
収録曲数:10曲
パッケージ::CD(ジュエル・ケース+24ページ・フルカラー・ブックレット)
ゲスト:MC.sirafu(synthesizer)、遠藤里美(accordion)、 おきょん(percussion)、杉山明弘(electric guitar)
デザイン:加瀬 透
写真:山口こすも
マスタリング:宇波 拓
定価:2,400円+税

データ販売/サブスクリプション・サービスへのリンク一覧
https://sweetdreamspress.lnk.to/nrq_common_sdda-054

その他、下記の「Minna Kikeru」でもデータ販売中(フル試聴あり)。
Minna Kikeru: https://minnakikeru.com/item/al:kicggfstwf

ご予約は下記の購入ボタンをご利用してください。なお、こちらでご予約/ご購入の方には下の中尾勘二ステッカーをプレゼント。数に限りがありますので、お早めにどうぞ。銀行振込でお支払いの方は入金確認ができた方より、5月20日(金)から順次発送いたします。どうぞお楽しみに。
*こちらの特典ステッカーですが、おかげさまでご好評いただき配布を終了いたしました。どうもありがとうございました。(2022年6月3日)


DSC08775
DSC08776
DSC08778
DSC08777
DSC08781
DSC08783
DSC08785
DSC08787
DSC08788
DSC08790
DSC08791
previous arrow
next arrow
DSC08775
DSC08776
DSC08778
DSC08777
DSC08781
DSC08783
DSC08785
DSC08787
DSC08788
DSC08790
DSC08791
previous arrow
next arrow

根なし草のルーツ・ミュージック・バンド、NRQの通算5枚目となるニュー・アルバム。
ヘヴィ・ロックからアコースティックな室内楽まで、4人が行き着いた共有知の音楽。

ワン・ツー・スリー、ツー・ツー・スリー……、遠くから聞こえるかけ声。読み聞かせるように弓弾かれるおごそかなコントラバスの独奏でスタートするNRQ、4年ぶりのニュー・アルバム(通算5作目)は、そのタイトルからも伝わるように、これまで以上に聴く者の足元へとつながり、広がりを持つ作品として完成した。

吉田悠樹のソロ・アルバム『ROAM』に収録されていたヘヴィ・ロック「SEIBU TRAIN」に、杉山明弘(DOIMOI)の天翔けるギター・ソロを加えながら、また他方では、故・鈴木常吉の作品としてすでに発表されていた牧野琢磨作曲の「雨」が、ここでは夢のようなアレンジを施したインスト曲「雨 Rain」として再演される。その両者をつなぐように、パワー・コードや身振りの大きなストロークでロック的なダイナミズムを随所にはらませつつ、しかし、その向こう側にはアコースティック・ギターの訥々としたつま弾きから、曲に応じてゲストを迎えたアンサンブルを一斉に芽吹かせる。「コントラスト」よりも「グラデーション」という言葉が似つかわしい色合いや季節の移ろい。そこには、静と動、聖と俗、隔離と自由、さらに、オンライン/オフラインを掛け合わせほぼ2年に渡った制作過程も横たわっているに違いない。「5枚目のアルバムはそのままコロナ禍の記録」とメンバーの牧野は言う。

「コロナ禍においてリアリティのある制作方法をとりたかった」(牧野)と語る通り、本作は、10曲中5曲はオンラインでのデータのやりとりによるリモート録音、もう5曲は1日だけレコーディング・スタジオを借りてベーシックが録音された。加えて、10曲中7曲はメンバー自身がミックスを担当。結成15周年を迎えるなか、過去のどのアルバムとも異なる手触りをもち、今もなお新鮮な興奮とときめき、そしてスリルを感じさせる作品となっている。

また、山口こすもの写真を収録した加瀬透デザインによる24ページのフルカラー・ブックレットが付属する。


曲目
1. あの丘のむこうがわへ
2. sotetsu
3. 六道の辻
4. 雨 Rain
5. ポヤイスの春
6. SEIBU TRAIN
7. minato
8. アサカ・ン・ムード
9. 第四間教室
10. ポヤイスの冬

NRQ(ニュー・レジデンシャル・クォーターズ):正式グループ名に「新興住宅地」を意味する「New Residential Quarters」を冠し、略して「NRQ」を称する4人組インストゥルメンタル・バンド。2007年に吉田悠樹(二胡)と牧野琢磨(ギター)のデュオとして活動をスタートし、その後、コントラバスの服部将典、ドラムス、サックス他に中尾勘二を加えて現在に至る。これまでに『Old Ghost Town』(swi, 2010)、『のーまんずらんど』(My Best!, 2012)、『ワズ ヒア』(P-Vine, 2015)、『RETRONYM(レトロニム)』(P-Vine, 2018)の4枚のアルバムをリリース。結成15周年を迎える2022年には、通算5作目となるアルバム『こもん』を発表する。

Related Music & Shows

  1. Tara Jane O’Neil – Yoake

  2. イ・ラン(이랑) – オオカミが現れた(늑대가 나타났다)

  3. イ・ランと柴田聡子 – ランナウェイ

  4. Tara Jane O’Neil – Peregrine (20th Anniversary Edition)

  5. MOON FACE BOYS – クミス

  6. Gofish – よかんのじかん

  7. イ・ラン(이랑) – オオカミが現れた(늑대가 나타났다)

  8. Tara Jane O’Neil – Where Shine New Lights

  9. 風の又サニー – セカンドライン

  10. Gofish – とてもいいこと

  11. Rachael Dadd – Bite the Mountain

  12. NRQ Album Release Tour 2022 – 2023

  13. 浮 – あかるいくらい

  14. Rachael Dadd – We Resonate

  15. イ・ラン – ヨンヨンスン

Artists

  1. GOFISH – X’MAS WISH

  2. 浮『あかるいくらい』アルバム・リリース・ライブ(於:東京・渋谷W…

  3. 浮『あかるいくらい』アルバム・リリース・ツアー(特別篇「浮と港…

  4. GOFISH – Moon River Dance #3

  5. 浮『あかるいくらい』(CD)取扱店一覧

  6. 浮『あかるいくらい』のポストカード

  7. 浮 – あかるいくらい

  8. 浮『あかるいくらい』アルバム・リリース・ツアー(その1)

  9. FALLのショーケース

  10. attc vs Koharu – からかさ/天竜下れば

Newsletter

* indicates required