Dragging an Ox through Water – Panic Sentry

アーティスト:Dragging an Ox through Water(ドラッギング・アン・オックス・スルー・ウォーター)
タイトル:Panic Sentry(パニック・セントリー)
カタログ番号:SDCD-024
発売日:2015年12月15日
収録曲数:11曲(日本盤のみボーナス・トラック2曲追加収録)
パッケージ:E式紙ジャケット(シングル)/歌詞カード封入
定価:¥1,600+税

先行販売開始しました。ご注文はこちらから。なお、本作は11月3日から始まるドラッギング・アン・オックス・スルー・ウォーターとディージェイ・ミクスト・メセジズのジャパン・ツアー会場でも先行販売いたします。

知られざるオーセンティック・ポートランドの鬼才、ブライアン・マムフォード
ボロボロと崩れ落ちながら静かな熱狂を孕む電子変調カントリー・フォーク。

 訥々とつま弾かれる古いアコースティック・ギターに自家製ペダルの数々、ステージにはロウソクが1本立てられ、その炎の揺らぎに呼応するように演奏全体が安定を失っていく。カントリー・フォークとノイズ~インダストリアルが交差する唯一無二の個性は、ヒップスターたちから大いに注目を浴びる昨今の米オレゴン州ポートランドにあっては少し奇妙すぎるかもしれませんが、しかし、彼こそは唯我独尊、ジェントリフィケーションが進む前の「なにもなかった」ポートランドの王道を行く存在とも言えるでしょう。ブライアン・マムフォード、その極端な個性は、往年のジャッキー・オー・マザーファッカーにとっても大切な存在で、さらに現在もクリス・ヨハンセンとのサン・フットや、クワージサム・クームズとのディープ・フライド・ブギー・バンドなど、各界名士たちにとっても必要不可欠な頼り甲斐のある「異物」となっているよう。11 月には国内5カ所のジャパン・ツアーも敢行し、大きな噂を呼ぶに違いないドラッギング・アン・オックス・スルー・ウォーターの歪んだ「歌ごころ」が炸裂する2014 年作セカンド・アルバム、新装盤で国内初登場です!

ドラッギング・アン・オックス・スルー・ウォーター(Dragging an Ox through Water):生まれも育ちも米北西部、現在もオレゴン州ポートランドに住むブライアン・マムフォードのソロ・プロジェクト。カントリー・ヒットになじんだ幼少時の記憶が、パンク/インダストリアルへの偏愛に歪められ、フィードバックとドローン、ヒスノイズと自家製オシレーターの山に埋もれていく。これまでに『The Tropics of Phenomenon』(国内盤はボーナス・トラック/リミックスを追加収録、パッケージを一新してスウィート・ドリームス・プレスから2010 年にリリースされている)、『Panic Sentry』(オリジナルLP は2014 年に米ミシシッピ・レコーズより発表)2枚のアルバムをリリースしている。過去にはジャッキー・オー・マザーファッカーの一員としても活動を共にし、来日経験も。アヴァン・ノイズ、ローファイ、フォーキー……どれもカテゴリーに苦しい名前のない牛。

曲目
1. Dasies Fragment
2. I Don’ t Understand What You Like About It
3. Sparrow Command
4. False True Love
5. Wire Haunts
6. Mole Song
7. True & False Comforts
8. Mint of the Seasons
9. Usurper
10. Church of Film Fragment
11. Lucky Feather

Related Music & Shows

  1. できすぎ、ではあるけれど

  2. ドーム

  3. 花火大会のお知らせ

  4. イベント&ツアー、無事に終了しました!

  5. 2 more news about 6.29 show!!

  6. 松井一平:えんえいとおきばのおしらせ

  7. Gofishトリオ:ウェブ限定ライブ・トラック公開

  8. Gofishトリオと柴田聡子の4デイズ

  9. おこめつぶさんとプレスポップ・ギャラリーの展示・販売会

  10. ICHI Japan Tour 2015

  11. Dragging an Ox Through Water(ドラッギング・アン・オックス・スルー・ウォーター)

  12. 勇猛果敢なアイダのものがたり Tales of Brave Ida

  13. And More Tour !!

  14. 頭痛薬にまつわる少し頭の痛い話 その2

  15. Gofish – よかんのじかん

Artists

  1. GOFISH – GOFISH

  2. Tara Jane O’Neil – The Cool Cloud of Okayness

  3. フジワラサトシ – 流れとよどみ

  4. GOFISH – 真顔

  5. NRQ「あの丘のむこうがわへ(remixed by VIDEOTAPEMUSIC)/lament…

  6. タナカ+村岡充: Live in Tokyo

  7. 碧衣スイミング&ミノルタナカ『オーバーオーバー』/MOON FACE BOY…

  8. イ・ラン(이랑) – プライド(ライブ・イン・ソウル 2022)

  9. NRQ – あの丘のむこうがわへ(remixed by VIDEOTAPEMUSIC)/…

  10. MOON FACE BOYS – VAMOSU

Newsletter

* indicates required