Skyway Man Special CD-R

 今年の2月に来日し、2度目のジャパン・ツアーを京都〜金沢〜松本〜東京と巡回、右手を鍵盤に左手をギターのネックに、右足は自家製足踏み箱に左足はエフェクターの上に、口の前に通常のボーカル・マイクと古ぼけた改造受話器マイクを並べ、せわしなく四肢を動かしながら顔を左右に振り、夢幻のゴスペル密林へとオーディエンスを導いていったジェイムス・ウォーレスあらためスカイウェイ・マン。

 さて、そのツアーにあわせて、2012年に米ダイアログ・レコードよりアナログLPとして限定リリースされた知られざる名盤『モア・ストレンジ・ニュース・フロム・アナザー・スター』をリイシューしたのですが、実は当初より購入者特典として未発表曲を収録したスペシャルCD-Rをつくろうとふたりで話し合っていたのでした。

 しかし、そのツアー後にジェイムスの父上が急逝されたり、彼の家庭の事情があったためしばらく保留状態に。見切り発車でリリースを先行せざるを得ないことになったのでした。スウィート・ドリームス・プレスと直接お取引いただいている小売店での発売が4月、さらに6月に一般流通も開始しましたが、幸い飛ぶように売れているとは言いがたく(笑)、というわけで、ちょっとおかしなタイミングになってしまいましたが、ようやく材料が揃ったそのギフトCD-Rを本日よりスウィート・ドリームス・プレス・ストアの購入者特典として配布することとしました。

 まだまだ、このスカイウェイ・マンのことを知らない、聴いたことがない方は多いことと思います。限定枚数ではありますが(50枚)、ぜひこの機会にお買い上げいただき、2枚のCDをお楽しみいただければと思います。

 そういえばそうこうしているうちに『モア・ストレンジ・ニュース』とよく引き合いに出されるポール・サイモンの新作アルバムもリリースされましたが、このナッシュビル流のハイブリッド・サイケデリアもなかなかのものなのです。この機会に、ぜひ聴いてみてください。ご注文は下記よりどうぞ。

Related Music & Shows

  1. MOON FACE BOYS – クミス

  2. Fountainsun – Sweep The Temple

  3. Gofishトリオと柴田聡子

  4. アイダ・セット

  5. Dragging an Ox through Water – The Tropics of Phenomenon

  6. GOFISH – 光の速さで佇んで

  7. Tara Jane O’Neil – Where Shine New Lights

  8. Ryan Francesconi – Parables

  9. Sad Horse – Sad Horse

  10. Dragging an Ox through Water – Panic Sentry

  11. 碧衣スイミング&ミノルタナカ – オーバーオーバー

  12. 三富栄治 – ひかりのたび

  13. イ・ラン – クロミョン(그러면)~ Lang Lee Live in Tokyo 2018 ~

  14. Laura Gibson – Empire Builder

  15. Le Ton Mité – Passé Composé Futur Conditionnel

Artists

  1. FALLのショーケース

  2. attc vs Koharu – からかさ/天竜下れば

  3. ICHI Japan Tour 2022

  4. NRQ Album Release Tour 2022 – 2023

  5. NRQ『こもん』特典ステッカー配布終了のお知らせ

  6. 港まちアートブックフェア 2022

  7. NRQ『こもん』在庫切れのお知らせ

  8. NRQ『こもん』取扱店舗一覧

  9. NRQ『こもん』配信/フル試聴スタート

  10. NRQ『こもん』に寄せて

Newsletter

* indicates required