レイチェル・ダッド展「スティッチ・トゥギャザー」のお知らせ

以前「レイチェル・ダッドが見た2011年の日本」というタイトルのポストをしましたが、そこでレイチェルは「D.T.I~ドゥ・イット・トゥギャザー」という印象的な言葉を使っていました。さて、その実践編のひとつと言えそうな彼女の試みが始まります。

スティッチ・トゥギャザー。みんなで縫いましょう! レイチェル・ダッドのテキスタイル作品、そしてタイトル通りさまざまな人たち(penelope plus、CONSENT fuaniture、hankachi、Eri Kitayama)との共同作品の展示が今月末から始まります。オープニングの日とクロージングの日には彼女のライブも催されます。お近くにいらっしゃったらぜひ覗いてみてください。そして、彼女に声をかけてあげてください。場所は名古屋のギャルリー・ペン(galerie P+EN)にて、5月3日まで開催されます。

レイチェル・ダッド展 「Stitch Together」
galerie P+EN(052-485-7166)
名古屋市西区那古野1-20-37
会期:3月31日(土)~5月3日(木)
休廊日:火・水曜日 時間 12:00pm~8:00pm

オープニング・ライブ
3月31日(土) 開演 6:30pm
出演:レイチェル・ダッド、ICHI、ウィル・ニューサム(ザ・ハンド)

クロージング・ライブ(ソーイング+ミュージック)
5月3日(木) 開演 6:30pm
スペシャル・ゲスト有り

Related Music & Shows

  1. Little Wings Japan Tour 2015

  2. Gofishトリオと柴田聡子の4デイズ

  3. できすぎ、ではあるけれど

  4. Oh Portland, So Much To Answer For

  5. セプチマの<ポップ・アンダーグラウンド・ショーケース2012>

  6. One Night with TJO, Helll and Makino Takashi’s “Inter View” screening

  7. アーリントン・デ・ディオニソ:ドローイング作品展

  8. 昼と夕方と夜のICHIとギャラリー・セプチマ

  9. また来たよ~!

  10. Nikki McClure Exhibition – Waiting for High Tide

  11. 通販部お休みのお知らせ

  12. 松井一平、元山ツトム、YTAMO – don’t light up the dark

  13. 暑中お見舞い申し上げます!

  14. 『タラとニカ』デジタル配信も開始しました。

  15. Genevieve Castree’s exhibition goes Kyoto

Artists

  1. GOFISH – GOFISH

  2. Tara Jane O’Neil – The Cool Cloud of Okayness

  3. フジワラサトシ – 流れとよどみ

  4. GOFISH – 真顔

  5. NRQ「あの丘のむこうがわへ(remixed by VIDEOTAPEMUSIC)/lament…

  6. タナカ+村岡充: Live in Tokyo

  7. 碧衣スイミング&ミノルタナカ『オーバーオーバー』/MOON FACE BOY…

  8. イ・ラン(이랑) – プライド(ライブ・イン・ソウル 2022)

  9. NRQ – あの丘のむこうがわへ(remixed by VIDEOTAPEMUSIC)/…

  10. MOON FACE BOYS – VAMOSU

Newsletter

* indicates required