News, News, News !!

来週あたりからはじまる来日ラッシュ(デーモン&ナオミスフィアン・スティーヴンスルーファス・ウェインライトコリーン/ハウシュカ)を前に、松の内あけからすでにぐったり体調悪し……ではあるのですが、気を持ち直して、最近のニュースを思いつくままに。まず、昨年の来日キャンセルにもメゲず氷結片手に寒空の下、途方にくれる、……じゃない。大活躍するトード・レコーズが、関連バンドによる各種Tシャツを惜しげもなくプチこんだストアをサイト内にオープンした模様。ディアフーフやヘラなど、ここでしか手に入らないものも多数あるようですので、ぜひご利用ください。また、シアトルの独立系出版社、イエティが、「スクエア・ルート」と題したハンディサイズのCD付アート・ブックを出版開始。……したのは昨秋ですが、その第1弾であるタラ・ジェイン・オニールの『Wings. Strings. Meridians.: A Blighted Bestiary』をようやく入手。全頁フルカラーという豪華な仕様ながら、レイチェル・カーンズ(元キッキング・ジャイアント、ザ・ニード)によるラフなレイアウトで、タラのイメージ世界をカジュアルにパッケージング。そういえば、レイチェル・カーンズって31ノッツのカバー・デザインはじめ、今やすっかりデザイナーなんですね。彼女の屋号、システム・ラックスのサイトにも多くの作品が載っていますので、興味のある方はこちらを。アメリカン・コミックとベルリン・ダダとロシア・アバンギャルドをミックスしたような、なんとも彼女らしいアートワークを、どこかで見たって人もきっと多いはず。また、本体だけでなく、付属されたCDがなかなかの仕上がり。基本的には世界各地のライヴ・テイクなどをまとめたレアトラック/デモテイク集といった体裁ですが、そこに収められた「素」のタラ・ジェイン・オニールがまことに心地よく、また、カッコいいのです。うん、タラって「カッコいい」んだよなあ。……と、最後に「作家のマイスペース」とでも言えそうな「レッド・ルーム」なるウェブサイトが新春オープンしたニュースを。こちら、『スウィート・ドリームス』第1号に書き下ろし短編小説を寄稿してくれたミッチ・カリンもメンバーに名を連ねていて(こちら)、彼のことを知るにはもってこいのサイトとなっていますので、ぜひご一覧を(しっかりスウィート・ドリームスの紹介もしてくれていますよ!)。では、皆様、芯から凍える日が続きますが、くれぐれも体に気をつけて。

Related Music & Shows

  1. In Our Talons

  2. Gang Gang Dance Japan Tour 2008

  3. 港まちアートブックフェア 2022

  4. 五月!

  5. On the Bus !!!

  6. Arthur Magazine Needs Your Donation !! Vol.2

  7. 今年も一年お世話になりました

  8. Sean O’Hagan from the High Llamas Japan Tour 2018

  9. The Renderers Matsumoto Show

  10. ASUNA Tour Diary (Europe Tour 2016) 第1話

  11. Heavy Rotations from 1/2 of 2008

  12. Bit About Portland…

  13. 『Sweet Dreams』第1号、発売日変更のお詫びとお知らせ

  14. Sweet Dreams Press 11th Anniversary

  15. Happy New Year !!

Artists

  1. オオカミが現れた:イ・ランの東京2夜ライブ

  2. GOFISH – アルバム『GOFISH』単独リリース・ライブ

  3. GOFISH – GOFISH

  4. Tara Jane O’Neil – The Cool Cloud of Okayness

  5. フジワラサトシ – 流れとよどみ

  6. GOFISH – 真顔

  7. NRQ「あの丘のむこうがわへ(remixed by VIDEOTAPEMUSIC)/lament…

  8. タナカ+村岡充: Live in Tokyo

  9. 碧衣スイミング&ミノルタナカ『オーバーオーバー』/MOON FACE BOY…

  10. イ・ラン(이랑) – プライド(ライブ・イン・ソウル 2022)

Newsletter

* indicates required