続 イ・ランと柴田聡子のランナウェイ・ツアー

2016年11月に全国7都市7公演を敢行し、その後、共作ミニアルバム『ランナウェイ』へと実った韓国のイ・ラン、日本の柴田聡子による双頭ツアー第二弾のお知らせです。

今回は前回ツアーにも帯同したイ・ランの右腕、イ・ヘジ(チェロ)だけでなく、ウリチパン郡や三田村管打団?、新作リリース間近のトンチトリオにMOON FACE BOYSのメンバーとして知られるカメイナホコをサポートに加えた特別編成で、前回以上にスペシャルなパフォーマンスを披露してくれる予定です。

前回のツアーは全公演ソールドアウト、今回のツアーは2公演のみとなりますので、前売りチケットの手配/お席のご予約はお早めにどうぞ。販売/予約受付開始は2019年5月25日(土)午前10時からとなります。

続 イ・ランと柴田聡子のランナウェイ・ツアー
Lang Lee and Satoko Shibata Run Away Tour 2019

7月5日(金)大阪 旧桜ノ宮公会堂
大阪府大阪市北区天満橋1-1-1
出演:イ・ラン&柴田聡子 with イ・ヘジ+カメイナホコ
開場 6:30pm/開演 7:30pm
料金 4,000円(予約)/4,500円(当日)*ドリンク代別途/全席自由
共催・制作:カウアンドマウス
音響:西川文章
ご予約&お問合わせ:カウアンドマウスcowandmouse489@gmail.com|080-3136-2673)

7月6日(土)東京 草月ホール
東京都港区赤坂7-2-21
出演:イ・ラン&柴田聡子 with イ・ヘジ+カメイナホコ
開場 5:00pm/開演 6:00pm
料金 4,000円(予約)/4,500円(当日)*全席指定
制作:株式会社シブヤテレビジョン
音響:株式会社Flysound
チケット:e+(https://eplus.jp/runaway/

*両公演とも、イ・ラン、柴田聡子それぞれのソロ・セットもございます。
*チケット発売/予約受付開始は、両会場とも2019年5月25日(土)午前10時より。
両公演とも小学生以下のお子様は同伴者の膝上でしたら入場無料ですが、お席が必要であればご予約もしくはチケットが必要となります。

主催・企画:スウィート・ドリームス・プレス(info.sweetdreams@gmail.com
協力:合同会社アイデアルミュージック
招聘協力:OURWORKS合同会社

イ・ラン(이랑):韓国ソウル生まれのマルチ・アーティスト。2011年にシングル「よく知らないくせに」でデビュー。翌夏にファースト・アルバム『ヨンヨンスン』を、2016年に第14回韓国大衆音楽賞最優秀フォーク楽曲賞を受賞したセカンド・アルバム『神様ごっこ』をリリースして大きな注目を浴びる。2018年にはエッセイ集『悲しくてかっこいい人』、2019年にはコミック『私が30代になった』を上梓。その真摯で嘘のない発言やフレンドリーな姿勢、思考、行動が韓日両国でセンセーションとシンパシーを生んでいる。

柴田聡子(しばたさとこ):2010年より都内を中心に活動開始。2012年のファースト・アルバム『しばたさとこ島』をはじめ、『いじわる全集』、『柴田聡子』、『愛の休日』、そして本年リリースされた最新アルバム『がんばれ!メロディー』とコンスタントにオリジナル・アルバムをリリース。さらに2016年には初の詩集「さばーく」を発表し、第5回エルスール財団新人賞(現代詩部門)を受賞、詩人としても注目され、エッセイストとしても活躍中。鋭利でユーモラスな言語感覚が広く共感を呼んでいる。

イ・ランと柴田聡子
『ランナウェイ』
(1,600円+税)
2016年11月に敢行した双頭ランナウェイ・ツアーに実った甘い甘い果実、イ・ランと柴田聡子、韓日を渡って交歓した言葉とメロディの魔法。
作品詳細はこちら

Related Music & Shows

  1. イ・ラン − 世界中の人々が私を憎みはじめた

  2. イ・ラン(이랑) – プライド(ライブ・イン・ソウル 2022)

  3. Pop Brothers from Glasgow World Premiere Tour in Japan

  4. Kyle Field, and Jackie-O Motherfucker

  5. ICHI Japan Tour 2020

  6. Sonny Smith from Sonny & the Sunsets, Special 2 Shows in Tokyo

  7. 浮『あかるいくらい』アルバム・リリース・ツアー(特別篇「浮と港と井」)

  8. Sharon Van Etten Japan Tour 2010

  9. Fountainsun Japan Tour 2017

  10. NRQ:ライブ情報(Live Information)

  11. YTAMO:MI WO chan no TABI

  12. 碧衣スイミング&ミノルタナカ『オーバーオーバー』/MOON FACE BOYS『VAMOSU』 Wレコード・リリース・パーティー

  13. イ・ラン『ヨンヨンスン』『神様ごっこ』の特典と取扱店につきまして

  14. ハングルの『神様ごっこ』

  15. Tara Jane O’Neil – What Becomes What

Artists

  1. GOFISH – GOFISH

  2. Tara Jane O’Neil – The Cool Cloud of Okayness

  3. フジワラサトシ – 流れとよどみ

  4. GOFISH – 真顔

  5. NRQ「あの丘のむこうがわへ(remixed by VIDEOTAPEMUSIC)/lament…

  6. タナカ+村岡充: Live in Tokyo

  7. 碧衣スイミング&ミノルタナカ『オーバーオーバー』/MOON FACE BOY…

  8. イ・ラン(이랑) – プライド(ライブ・イン・ソウル 2022)

  9. NRQ – あの丘のむこうがわへ(remixed by VIDEOTAPEMUSIC)/…

  10. MOON FACE BOYS – VAMOSU

Newsletter

* indicates required